株式会社 山梨光学
ホーム サイトマップ お問い合わせ
会社概要 設備概要 製品紹介 加工技術

本社・山梨工場
保有設備(山梨)
宮崎工場
保有設備(宮崎)
 ホーム>設備概要

 

■ 本社・山梨工場(所在地:山梨県甲府市住吉3-18-8)
山梨工場では、セラミック/水晶/ガラス等の材料をブロック切り出しからラップ、外形加工、ダイジング、蒸着まで様々な加工を自社内で行っております。
本社・山梨工場

■ 保有設備(山梨本社・工場)
東芝 USM―50A 東芝 USM―100A 東芝 USM−150A
【 スライサー】
小径の砥石を高速回転で微細に溝加工、切断を行ないます。

東京精機 TS−4020SM 東京精密 A−WD−10A 鏡面研磨機
【スライサー(小径)】
小径の砥石を高速回転で微細に溝加工
【ダイシングマシン】
30000rpmの高速回転で主にウェハーのダイシングに使用。少量多品種の生産に対応
【ラップマスター】
ダイヤモンドパウダーを使用し、面の仕上げ加工を行なう。
他にエンギスの鏡面加工機も所有。

【スライサー】
マルチブレードを使用し、約6000rpmの回転数で切断。マルチブレードの組替えにより、いろいろな形状に対応。
【ダイサー】
30000rpmの高速回転で主にウェハーのダイシングに使用。少量多品種の生産に対応
【循環式超音波洗浄機】
IPAを循環させながら超音波洗浄する機械。カーボン治具の洗浄に使用。

エンギス TLP-6B
【両面ラップ盤】
ワークの面粗度に合わせてGC・WAの♯800〜♯8000の使い分けで仕上げていきます。
この他に9B,4B,5Bを所有しています。


■ 宮崎工場(所在地:宮崎県都城市北町7101-1)
宮崎工場は都城市にあり、高速道路のICに近く、製品の輸送に便利な立地です。工場内では磁気ヘッドの加工技術を応用し、光通信部品、セラミック、ガラス加工等の各種素材の微細精密加工を行っております。 宮崎工場

■ 保有設備 (宮崎工場)
東芝 USM-150LSP 東芝 USM-200A 東芝 USM-150A
東芝 USM−100A
【スライサー】
ダイヤモンド砥石を使用したワークの切断及び溝加工を行う。
荒加工から微細加工までマルチ加工にも対応。

不二越 SPG-25
不二越 UMG-II 不二越 UMG-III
【スライサー】
ダイヤモンド砥石を使用し、セラミックや石英、ガラス材等の微細な切断・溝加工を行なう。砥石を数枚組み込みマルチ加工も可能なので、製造のスピードアップ、コストダウンが可能です。

東京精機 三進精機 SPG-600
エンギス TLP-6B
【スライサー(小径)】
小径の砥石を高速回転で微細に溝加工
【縦型平面研削盤】
ワークの厚み加工や平面加工を行う。砥石の変更により荒加工から仕上げ加工まで多様の精度・面粗度を管理600φ,900φ
【両面ラップ盤】
ワークの面粗度に合わせてGC・WAの♯800〜♯8000の使い分けで仕上げていきます。この他に9B,4B,5Bを所有しています。

SPG−600
【真空蒸着機】
クライオポンプを使用した高真空槽で各種金属を蒸着。Cr、NiCr、Pt、Auの蒸着に使用
【 ロータリー平面研削盤】
ワークの厚み加工や平面加工を行なう。砥石の変更により荒加工から仕上げ加工まで多様の精度・面粗度を管理します。他にも600Φ、900Φも所有。

▲ページの先頭へ


Copyrights (C) 2005 Yamanashi Optics,inc. All Rights Reserved.